なぜ、反社チェックが必要なのか?

▶ 企業の社会的責任として

政府指針(平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議)では、治安対策上、反社会的勢力の排除は必要であり、企業には社会的責任があることから社会的責任を全うするためにも反社会的勢力との関係を遮断・排除しなければなりません。

▶ コンプライアンス上の必要性として

政府指針、暴力団排除条例による法的規制がある以上、企業は法令に則した行動をすることが求められ、反社会的勢力との関係を遮断し排除しなければなりません。

▶ リスクマネジメントとして

反社会的勢力による不当要求・企業の乗っ取りは、収益の減少・社会的信用の低下等、事業継続を著しく困難にさせるだけでなくステータスホルダーに多大な被害を及ぼすことから反社会的勢力との関係を遮断し排除しなければなりません

反社会的勢力チェック調査

  • ・弊社での調査は、調査員がデータベースを利用して調査安価・迅速・合理的な調査が可能。
  • ・グレーゾーンに関しても、反社チェックで不審点があれば別途調査可能。
  • ・経営者自らが時間を割いて独自調査する時間が省ける。
  • ・組織集団の強みを生かし、企業の「気になる部分」の実態解明が可能。
  • ・緊急時の素早い対応が可能。
  • ・対象事案の拡散を最小限にとどめ、企業費用を軽減できる。
  • ・未然予防が可能。(安全・安心の企業として対外的な信用度が増す)